シェアして頂けると喜びます!

2016.2.11 小櫃川釣行 バチ抜けフィーバー!!

バチ抜けアフターシーバス
小櫃川
■シーバス■
晴れ 最高 10.9℃ 最低 2.1℃
中潮 満潮18:32 干潮 1:01
日出 6:32 日没 17:18
釣行時間 15:30~21:00

ランキングに参加中!
下のバナーをポチっとしてから読んで頂けると、とても喜びます!(^o^)/
↓↓↓↓

にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ
にほんブログ村

10日の鶴見川のバチ抜け具合を見て、いても立ってもいられず、行ってきましたよ小櫃川。

祝日はどうしても場所の確保が難しいため、14時に集合。

今日も同行者はNさん。

スポンサーリンク




この時期の小櫃川は無敵!

現地に入ったのは15:30。

対岸のウェーディングゾーンには既に4名のアングラー。

こちら側はノーアングラーで、ベストポジションを確保!

ただ、これから下げ始めるまで約3時間・・たまにキャストしたり、スマホでゲームしたり、写真撮ったりひたすらその時が来るまで時間を潰しました。

その時に撮った東京湾越しに沈む夕日を一枚

DSC_0314

時間が経つにつれ、次から次へとアングラーが集まります。

最終的には、何人いたんだろ。

対岸側はウェーディングの方やら、陸っぱりの方やらで漁港までぎっしり。

軽く20名はいたと思います。

こちら側も続々と入ってきて、10名以上が横並び。

さらに盤洲干潟にウェーディングしている方もいたため、小櫃川河口エリアで30~40名は超えていたと思われます。

やっぱり、小櫃川はすごい!

間違いなく、バチ抜けドドドド一級ポイント。

まぁ、本当に釣れますからね。小櫃川。

行ったこと無い方は、一度は行っておいた方がいいですよ!!

いい場所に入れれば、ほぼ釣れます!

みんな大フィーバー!!!

そんなこんなで日没を迎え、満潮まであと30分のところで、同行者Nさんに突然ヒット!!!

40cmくらいのフッコちゃんを釣りあげます。

その一匹を皮切りに、上げてる最中からフッコタイムが始まります。

さぁ、始まりました。今日もひたすらmonkeycast!!

その後ちょうど潮どまりのタイミングで自分もヒット!!!

50cmくらいのフッコちゃんです。

DSC_0321

写真が下手くそだ。。。笑

ヒットルアーは毎度お馴染みEnvy 105 ホワイト系

今日は月がないためか、ホワイトカラーで釣れました。

左側にいた方もこのタイミングで一匹釣りあげてましたね!!

さぁ、これから祭りが始まるぜーと思っていた矢先、対岸からおっさんの声が響き渡ります。

「○○に車停めてる方!締めてしまうので移動をお願いします!!」

マジ!?このタイミングで!?これから祭りが始まるって言うピンポイントなタイミングで残酷な大声が響き渡りました。

対岸の方々、本当にお気の毒です。

対岸に入ったことが無いので詳細はわからないのですが、車を停める場所によっては18時くらいで駐車できなくなってしまうっぽいので、みなさんご注意を!

でも、無料で車を停めさせてもらっているのも事実。

みんさん、ルールを守りましょうね~!!!

・・ということで、気を取り直してmonkeycast!!

下げ始めのところで、チーバスのボイル多発!

ボイルだー!!と自分がテンション上がっている中、冷静な同行者Nさん立て続けに3匹ゲット!

今日のNさん、ノりにノってます。

左側の方もバンバン釣ってます。

対岸からもバシャバシャエラ洗いの音がこだまします。

・・・あれ?

完全に自分、置いてけぼりくらいました・・・笑

こんな時こそ、なんで自分だけ・・なんてことは一切考えず、ひたすら無心でキャスト!

そうmonkeycastの出番です。

すると・・・

超ショートバイトから、やっとこさ自分にもヒット!

でも引きは強くない・・・

始まったよバチ抜け満喫タイム!

またセイゴちゃんかなーと思ってライトで照らしてみると・・・でかい!!

こ、こ、これは、念願のランカー!?!?!?(まだランカー釣ってないんです。。。最高記録79cm。。笑)と、ワクワクしながら釣りあげた魚がこちら!

DSC_0323

ヒットルアー:MANIC 115 赤腹黒金

Whoops!!

メジャーくしゃくしゃでわかりにくいんですが、しっかり計ったら76cm。。

またしてもランカーの夢は夢のままとなりました・・・。

でも、やっとこさアフターの個体を見ることができ、バチ抜けシーズン本格到来の波を感じることができました!!

ってか、やっぱりアフターの個体は弱ってますね~。

全然引かなかったし、少し陸にあげただけで危うくデッドリリースになるとこでした。。。

最後はしっかりと蘇生し、フラフラしながらも帰って行ってくれましたが、写真を撮るんなら、かなり手際よく撮らないと可愛そうだな。。。

祭りの開始!!

この後は、完全にお祭り状態。

いたるところで、チーバスではなくちゃんとしたシーバスのボイルラッシュ!&エラ洗いの音が響き渡るラッシュ!で、全体でたくさんのシーバスがあがっていました。

聞こえてきたエラ洗いの音もピシャピシャではなく、ボシャボシャ!だったので、回りの方々も良型のシーバスが釣れていたように思います。

その後はもう一本70cmの良型が釣れたと思いきや、次に釣れるのは20cmくらいの超チーバスだったりと、もう訳がわからない状態になってました。

最終的には5本ゲット。

あの状況だったら、この倍は釣れても良かった気がしますが、アフターをやっと見れたので大満足です!!

同行者Nさんは全部で11本あげてました!!

バチ抜けゆらゆら~

釣り終盤、ボイルもなくなり、エラ洗いの音も聞こえなくなってきたころ、ふと水面にライトを照らすと、前日の鶴見川で見た光景がここにも!!

バチバチバチバチバチバチバチバチバチバチバチバチバチバチ!

ひたすらバチが流れ続けてました。

ここまで流れちゃうと、シーバスもお腹いっぱいになったんでしょう。

この後、釣れることはありませんでした。

いやぁ、

やっぱり小櫃川は最高。

今週の中潮の間はきっと釣れ続けると思うので、またすぐに行ってしまうかもしれません。。笑

地元の方が羨ましい!!!!

本日の釣果です。

76cm Envy105 赤腹黒金

70cm MANIC115 クリア系

約50cm Envy105 ホワイト系

約50cm MANIC115 レッド系

約20cm MANIC115 ホワイト系

以上!

最後まで読んでくれてありがとうございました~!!

小櫃川で会いましょう!笑

スポンサーリンク




コメント

  1. […] →過去記事:http://monkeycast.jp/2016/02/12/fishing20160211/ […]

  2. […] →2016.2.10 小櫃川釣行 バチ抜けフィーバー!! […]