2016.3.31 鶴見川釣行 バチじゃなく、アミ!からのハク!

シーバス

鶴見川

■シーバス■

晴れ 最高 20.3℃ 最低 11.1℃

小潮 干潮 14:51 満潮 22:08

日出 5:30 日没 18:01

釣行時間 19:00~1:00

ランキングに参加中!
下のバナーをポチっとしてから読んで頂けると、とても喜びます!(^o^)/
↓↓↓↓

にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ
にほんブログ村
 

14時頃、Kさんより連絡があり急遽近くの鶴見川に出陣!!

今日はまずはこの辺から河口に向かってランガンしました。

 

 

アミパターン!!

 

時期的にはバチシーズンではあるものの、上げ潮のためバチは無いだろうと思って水面を見てみると・・・

アミアミアミアミアミアミ!!!

きたーーーーー!アミパターン!!!

かなりの数のアミがフワフワ漂っています。

写真撮りましたが、さすがに写真には写らないので、ウィキペディアからお借りしました。

Mysis2kils

出典:wikipedia:アミ(甲殻類)

小っちゃいエビみたいなこんなやつ。

 

 

バチパターン同様、アミパターンは個人的に好きなパターンです。

 

なんでかって!?!?

 

 

アミパターンにはマリブでしょ!

 

それは、MARiBがあるからです!!

個人的好きなルアーベスト5には余裕で入るMARiB。

たまたまかもしれませんが、鶴見川で釣ったシーバスの95%をMARiBで釣っております。

それは冬でも、春でも、秋でも。

バチでもアミでも、落ち鮎でも。

季節問わず、ベイトパターン問わず、本当にMARiBは河川でシーバスに会うための一番の近道であり、答えだと個人的に思っております。

mrb4

 

改めてHP見たら、サーフでも使えるって書いてある。

今度、試してみよ!!

 

 

そんな大好きなルアーMARiBが得意とするパターン。

それが、アミパターン!!!

バチは小櫃川で散々良い思いをさせてもらい、正直もう満足しました。

次はアミパターンで、自宅から比較的近い鶴見川で良い思いをさせてもらいましょう!

と気持ちは昂ります。

 

基本的にアミパターンはリトリーブは遅めで、流れに逆らわずレンジキープし漂わせるイメージでルアーを泳がしています。

アミが漂っているであろう、流れがヨレている場所だったり、護岸の場合は岸際を重点的に狙います。

テクトロでも結構釣れてる記憶があります。

それでも反応しない場合は、リアクション狙いでローリングベイトとかバイブレーションをキャストしたりしております。

基本、その繰り返し。

 

カラーは思い込みもあるのかもしれませんが、ゴースト系とか、クリア系が良く釣れていたイメージです。

 

 

好きなカラーはこの2色!

 

ただ、個人的に好きなMARiBのカラーは、

・ビアイリュージョン 大野SP

p40

・サンセットラグーン

item486124p13

以上の2つ。

この2つのカラーのMARiBのおかげでたくさんのシーバスに会えることができました!

こんなルアーを世の中に生み出してしまう、大野ゆうきさんはすごい・・・

ただ、販売まで2年半。。

細部まで拘って拘って拘り続けて生まれたルアーだからこそ、未だに売れ続けているのだと思います。

 

 

販売開始 → たくさん売れる! → 徐々に売れなくなる・・・・

よりも、

販売開始 → 地味だけどずっと売れ続ける

の方が、monkeycastとしては目指したいルアーですね。

 

 

いつか自分も!なんて思いましたが、その域に達するまでにはまだまだ経験が圧倒的に足りない!!

でも負けない!!!

 

 

 

・・・とMARiBに関して熱く語っていますが、下って行けるギリギりのところまでランガンしたのですが、

まさかのノーバイト。

 

 

おい!説得力ねーぞ!と思ったあなた。

はい、その通りです。

すみません!!!

次は頑張ります!!

 

 

 

そして次はマイクロベイト!

 

下れるとこまで下ったので、今度は上りながらランガン。

すると、さっきまでアミアミアミの水中に変化が起こります。

 

ハクハクハクハクハクハクハクハクハクハクハクハク!!

潮鶴橋あたりから上流にかけて、これまたすごい数のハクが岸際を上流に上っているではありませんか!!!

特にすごかったのが、芦穂橋周辺。

水面ではボイルも発生しています。

 

ボイル近くにルアーを通すと、

DSC_0517

ハクが引っかかります。

 

しかし、テンション高めで数投するもなぜか反応なし・・・。

ルアーが大きいのかな?と思い、自分が持っている一番小さいレンジバイブ55にルアーチェンジして、

ボイルめがけてキャストするも、やっぱり反応なし。。。

 

 

釣れたけど・・・

 

こうなったらリアクションだ!とレンジバイブを早巻きすると、「ゴン!」と待望のヒット。

シーバスきたーーーーー!!と思って上がってきた魚を見ると、

シーバスではなく、ニゴイ。。。

約20cmのニゴイちゃんがスレで掛かっただけでした・・・

 

 

わーーー。

シーバスだと思っていたボイルは、全てこのニゴイちゃんだったようです。

確かに、大きくはないんだろうなーと思ってはいましたが、ニゴイだとは思っていませんでした。。

ショックも大きく写真撮るのを忘れてしまいました・・・。

 

 

そんなショックに負けず、芦穂橋の橋脚打ちをしていると、暗闇の中で突然の特大ボイル!!

今のは間違いなくシーバスだ!!

しかも、余裕でランカー以上でしょ!?って程の大きなボイル。

同行者Kさんもそのボイルを聞いて、一気にテンションMAX!!

 

 

大きな期待をもとに橋脚の明暗にレンジバイブを通していると、「ゴン!」とヒット!

も、すぐバレた!!!

マジかーーーーという思いを振り切って、また同じ明暗を通すと、「ゴン!」とまたまたヒット!

そして、すぐバレる。。。

それを3回繰り返したあと、ようやくヒットからゲットに!

 

しかしあがってきたのは、シーバスでもニゴイでもなく、今度はコノシロでした。。。

さっきまでのバイトは全部こいつらだったのでしょう。

 

 

ふと水面に光を照らすと、コノシロらしき魚影がハクの群れに向かってテンション高めでアタックしておりました。

でも、生命感に満ち溢れた状態で釣りするのは、期待感が高まって最高に楽しいですね!!

コノシロを食いに来てるデカシーバス釣れてくれ!と大き目のミノーも試してみましたが、その後もノーバイト。

ジョイクロ持っていけばよかったな・・・

 

既にこの時点で、24時を回っていたので、護岸の入り口までキャストしながら進むも結局その後は釣れることはありませんでした。

 

 

結局シーバスは釣れなかったものの、釣れる雰囲気まんまんの中での釣りはドキドキ感がたまらなく、最高な時間となりました。

まぁ、釣れるに越したことは無いですけどね!!

 

 

本日の釣果

 

シーバスなし!

ニゴイ・コノシロ1匹ずつ レンジバイブ55

 

 

 

 

そして、4月に入り、桜も満開になり春本番突入しましたね。

世の中は、新しい生活、環境、未来がスタートしたタイミングでもありました。

そんな中、私、monkeycastはルアーメーカー立ち上げまで、もう少し時間がかかりそうです。

 

まぁ、初めから世間に無名の自分が立ち上げること自体、無謀なのかもしれません。

ただ、それは初めからわかっていることなので、覚悟はできていました。

 

ただ、思った通りに行かないこともやっぱり起きてきます。

そういった瞬間はやっぱり気分が落ち込みます。

でもそういった困難を受け入れて、その壁を一枚一枚ぶち破っていかないと、未来は始まらない。

そう思ってこれからももがき苦しんで行こうと思っております。

 

釣りの素晴らしさ、自然の素晴らしさをもっとたくさんの人たちに知ってもらうために。

落ち込んだ時こそ、何も考えずただひたすらmonkeycast!!!

心がかなりスッキリしました。

 

あらためて、monkeycastの素晴らしさを実感した釣行でもありました。

 

 

 

春は色んな魚が釣れるので忙しい季節ですよね!!

まずは、やっぱり春といえばアオリイカ!!

親イカキロアップ目指して、ガンガンmonkeycastしまくって行きます!!

 

みなさんにも良い釣果がもたらされますように!

最後まで読んでくれてありがとうございました!!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

コメント

タイトルとURLをコピーしました