【入門編】ウェーディングを始めようとしている方へ。必要装備や心得など・・。

Recommend

今回は主にシーバスのウェーディングについて。

時期によってはシーバスばっかり狙っているmonkeycastでございます。

その中でもウェーディングでの釣行は、陸っぱりより結果が出やすい傾向にあり、ここ最近も養老川でのウェーディングの様子を綴り、結果が出た釣行もありました。

 

【過去記事】

2017.10.18 養老川釣行 SNECON 90S 爆発!これだからシーバスはやめられない♪
この時期恒例の養老川釣行。 東京湾に注ぐこちらの河川のポテンシャルは、とても高く去年も何度もいい思いをさせてくれたポイントです。 今回の入水場所は最河口部。いわゆるどメジャーポイントです。 結果として、最高な時間を過ごす事ができましたので、あなたも是非行ってみて!

 

そんな記事を更新する中で、ウェーディングを始めてみたいので色々教えて欲しい!と直接連絡をくれた方がいらっしゃったため、自分なりの情報を伝えつつ、結果として必要としている方がいるなら記事にしてみよう!と思い立ち、パソコンに向かっております。

 

良い所もあれば、悪い所もある。

 

そんなウェーディングの魅力や、必要装備、心得など、これからウェーディングを始めようとしている方の少しでも力になれたらと、monkeycast的にまとめてみました!(^^)/

 

ランキングに参加中!
下のバナーをポチっとしてから読んで頂けると、とても喜びます!(^o^)/
↓↓↓↓

にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ
にほんブログ村
 

ウェーディングとは?

 

まず、ウェーディングって当たり前のように言っているけど、そもそもどんな意味なんだ?と思い調べてみると・・・

wade:徒渉する、(川、ぬかるみなどを)歩く、歩いて渡る

という動詞の現在分詞でwading

 

そもそも、「徒渉する」なんて言葉初めて聞いたし、川を渡るという意味を持った動詞があったことにビックリでした・・。笑

言葉って難しい・・。(;゚Д゚)

これ・・アホがバレるな・・・。笑

 

とすると、ウェーディングではなく、ウェイディングという表記が正しいのかな・・?

まぁ、今更なのでこの記事内ではウェーディングで統一するとします。

 

ウェーディングとは?

→水中に浸かりながら釣りをすること。

 

ん?

ごめんなさい。。この項目いらなかったかも・・・。笑

 

気を取り直して、次のページからは色んな必要装備のご紹介に参ります。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

コメント

タイトルとURLをコピーしました